News
    笑顔の女性

    欧米の先進国では、低用量ピルを服用している人が多いです。
    ドイツでは、約6割の女性が低用量ピルを服用しています。
    日本で低用量ピルを服用している人は、2%ほどです。
    女性がピルを服用することが常識となっている欧米とは違い、日本ではピルの導入が遅かったのです。
    ピルは、避妊効果が高く、避妊以外の様々な効果も期待できます
    日本では、月経前症候群で悩む女性が多いのですが、低用量ピルの効果で、月経前症候群の様々な辛い症状を緩和することができます。
    低用量ピルは、ホルモンバランスを整えるため、ホルモンバランスの乱れから発生する大人のニキビにも有効です。
    他にも、精神の安定、卵巣がんや子宮体がんなどのリスクを低下させるなど、様々な効果が期待できます。
    生理痛も軽くなります。
    子宮内膜の中には、子宮の収縮を促進させ、痛みを引き起こす物質が含まれています。
    ピルに含まれているホルモンは、子宮内膜の増殖を抑えることができるので、生理痛が緩和されるのです。
    ピルを服用すると、慣れるまでは、だるさや吐き気、頭痛を感じることがあります。
    このような症状は、一時的なものです。
    普通は、1週間から2週間くらいで症状が改善されます。
    中には乳房が張る人もいますが、ホルモンが安定すると、不快な症状は消えていきます。
    低用量ピルは、妊娠していなければ、いつからでも開始することができます。
    ただ、実際には、月経中に服用を開始する人が多いです。
    低用量ピルの価格は、1か月分で2000円から3000円くらいです。
    他に初診料が1000円かかります。
    価格については、事前に婦人科クリニックに問い合わせて確かめた方が安心です。
    ピルは、1日1回服用します。
    服用する時間帯の指定はありませんが、なるべく時間を決めて飲んだ方がいいです。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    最近の投稿
      アーカイブ